WebSiteAnalyzer を更新しました 2


WebSiteAnalyzer

一日100アクセスくらいあって割とユーザさんがいたので、
仕事の合間に改良しつづけたクラスを使ってリンク解析プログラムを作ってみました。

解析するといっても単純に、
リンク元のURLにアクセスして、
・アンカーテキストの文字列(Googleと同じく最初の1個のみ)
・アンカーテキストの前後にある文字列
を取得してくるだけです。

外部->内部リンク数の部分が表示されたら、
「バックリンク分析」というリンクを押してみてください。
それでも結構処理が遅いので、まあゆっくり使ってみてください。

なんでこんな遅いかっていうと
処理する部分じゃなくて、
相手のWEBサーバにアクセスする部分がボトルネックなんですよね。
fsockopenにタイムアウト2秒、さらにヘッダが決まったバイト数以上きたらカット

などなど仕込んでるのにそれでもやっぱり遅いです。
もうちょいここはチューニングしないとなぁ。。

http://dev.neoinspire.net/seotools/


2 thoughts on “WebSiteAnalyzer を更新しました

  1. Reply tomo 9月 18,2008 9:50 AM

    CASEって便利ですよねー
    SQL-92に入っているので主要なデータベースなら使えるのでは?

  2. Reply Jakk 9月 22,2008 9:58 AM

    コメントありがとうございます。

    >SQL-92に入っているので主要なデータベースなら使えるのでは?
    どうもDB関係うとくてあれだったんですが、
    SQLの概念というかポジションというか
    そういうのがわかっていないと
    こういう理解はできないのかもしれないですねー

    ちゃんと勉強します(・w・

Leave a Reply