phpのrangeの便利な使い方


自分は結構使う頻度が高いんですが、意外と地味なrange()について

基本

とりあえず普通に1~10の数値の配列

range(1,10);
⇒1 2 3 4 ・・・

もちろん逆もOK

range(10,1);
⇒10 9 8 7 ・・・

アルファベットもOK

range('a','z');
⇒a b c d e ・・・

アルファベットも逆でいけます

range('z','a');
⇒z y x w v ・・・
遊び

第3引数を使うともっと遊べます

奇数のみ

range(1,10,2);
⇒1 3 5 7 9

偶数のみ

range(2,10,2);
⇒2 4 6 8 10

アルファベットでもいけます
偶数のみ

range('a','z',2);
⇒a c e g i ・・・・
まとめ

こんなかんじで結構融通のきく関数なので、for(){} を使うような場合は結構な割合で

foreach (range(1,10) as $key => $value) {

}

みたいな書き方をしたりしてます。range()を変数に格納したほうがいいですけど。


Leave a Reply