ソート機能とかを勝手にテーブルにつける


なんつー とんでもないJSライブラリがありました。

http://www.millstream.com.au/upload/code/tablekit/

使い方はめちゃ簡単で

1:まずインクルード

<script type="text/javascript" src="scriptaculous/lib/prototype.js"></script>
<script type="text/javascript" src="fastinit.js"></script>
<script type="text/javascript" src="tablekit.js"></script>

こんなかんじ。パスは適当に通して。

ソートしたいなら

<table class="sortable">

リサイズ機能をつけるなら

<table class="resizable">

Ajax使って更新かけたいテーブルなら

<table class="editable">

で全部まとめてなら

<table class="sortable resizable editable">

ってかんじ にクラスを設定してあげればあとは自動でやってくれます。

Ajaxは通信先とかは

TableKit.options.editAjaxURI = 'パスを書く';

ってかんじでパス通せばそこにデータ飛ばしてonCompleteもちゃんと拾ってくれます。

ちゃっとソースみたかんじ ./tableKit.js の 774行目のAjax処理のところを書き換えればクリックしたら別の処理とかもすぐ作れそう

$scaffold に適用できないかなこれ。

いやはや。


Leave a Reply