Titaniumでローディング画面をsvgで

たまにはtitaniumネタでも。

相変わらずアプリは課金しているtitaniumでやっているわけですが、
ローディングのやつって毎回書いているなってきがしたので改めてメモ書き。

#基本的に ActivityIndicator ってものがあるので、普通はこっちでいいと思います。
http://docs.appcelerator.com/platform/latest/#!/api/Titanium.UI.ActivityIndicator

まあ角ばったデザインとかで、デフォルトのローディングが合わない場合とかは使えないので、
svgのローディングファイルとかもってきて、それでやりたい場合の方法です。
自分は下記の感じのソースをよく書いています。

Titaniumではsvgはwebviewじゃないと表示できないので、webviewに直接svgソースをはっつけてそれを背景透過で表示するって形になります。
またAlloy使わない自作FW派なので、javascriptオンリーです。

最初にローディング画面を設定した上でopacity:0で表示しないようにしておいて、必要な時に opacityあげる感じです。
試していた感じ、作ってadd するよりこっちのほうが表示の気持ちがいい感じだったので、毎回これでやっています。

ちなみに毎回お世話になっているのは下記のサイト。
綺麗なローディング画像がsvgだけでなくcssやgifで落とせる素敵サイトです。
http://loading.io/

Leave a Reply